長岡実業 200年の歴史
 
年表
はじめ第一章第二章第三章第四章年表
 
西暦
(年号)
長岡の出来事社会情勢
1804
(文化 元年)
初代佐祐大阪東区伏見町1-11(現道修町)に薬種問屋創業仏・ナポレオン1世皇帝即位
1827
(文政 10)
二代目佐助初代死去、二代目佐助相続 
1837
(天保 8)
  大塩平八郎の乱
英・ビクトリア女王即位
1853
(嘉永 6)
  ペリー来航、クリミア戦争
1861
(文久 元年)
  アメリカ南北戦争
1868
(明治 元年)
  明治維新
1869
(明治 2)
三代目佐介三代目、24歳で家名を相続スエズ運河開通
1876
(明治 9)
  日朝修好条規締結
1877
(明治 10)
 九州方面への洋薬取引が伸長西南戦争、露土戦争
1879
(明治 12)
 コレラの流行に対処し、石炭酸(消毒殺菌剤)取扱コレラ流行
1880
(明治 13)
 三代目、朝鮮へ出張 
1883
(明治 16)
 三代目、英領香港を視察鹿鳴館落成
1884
(明治 17)
  清仏戦争
1889
(明治 22)
 横浜店開店大日本帝国憲法発布
1892
(明治 25)
 薄荷製造に着手 
1894
(明治 27)
 薄荷、人蔘事業隆盛を極める日清戦争、甲午農民戦争
1897
(明治 30)
 横浜高島町で薄荷製造 
1903
(明治 36)
 神戸に生田出張所開設 
1904
(明治 37)
  日露戦争
1907
(明治 40)
 静岡に浜松出張所開設 
1911
(明治 44)
 生田出張所移転、滝道に神戸支店開店、北海道に旭川支店開店中国・辛亥革命
1914
(大正 3)
 横浜高島町に薄荷工場新築第一次世界大戦
1917
(大正 6)
  ロシア三月革命、ソビエト政権樹立
1918
(大正 7)
四代目佐介四代目襲名 
1920
(大正 9)
 広島に尾道出張所開設 
1923
(大正 12)
 震災で横浜本店焼失、本店神戸に移る関東大震災
1924
(大正 13)
 横浜支店再建
旭川出張所新築移転
神戸本山薄荷工場新設
 
1930
(昭和 5)
 北海道に人蔘工場建設 
1931
(昭和 6)
 長岡駆虫剤製造株式会社設立満州事変
1932
(昭和 7)
 朝鮮で薄荷・除虫菊の栽培に着手 
1933
(昭和 8)
 台湾に台北支店開設 
1937
(昭和 12)
 朝鮮に長岡薄荷松汀里工場を新設日中戦争
1939
(昭和 14)
 東京出張所開設、横浜支店閉鎖第二次世界大戦
1940
(昭和 15)
 上海支店開設
薄荷、除虫菊その他の統制開始
 
1941
(昭和 16)
 農地統制法制定、薄荷作付減反開始太平洋戦争
1943
(昭和 18)
 中国、タイに出張所開設 
1944
(昭和 19)
  東京空襲
1945
(昭和 20)
 空襲により各店被害各地空襲、終戦
1947
(昭和 22)
 長岡実業株式会社設立 
1948
(昭和 23)
  第1次中東戦争(パレスチナ戦争)
1949
(昭和 24)
 神戸・本山に薄荷工場復興 
1950
(昭和 25)
  民間貿易再開、朝鮮戦争
1951
(昭和 26)
  サンフランシスコ対日講和条約
1954
(昭和 29)
五代目佐介五代目襲名 
1956
(昭和 31)
 ブラジルにナガオカ・ド・ブラジル商工有限会社設立日ソ共同宣言(国交回復)
1961
(昭和 36)
 人蔘の製品化企画。人蔘エキス製造に着手 
1962
(昭和 37)
 国内産はっか原油不足、緊急輸入開始、長岡の人蔘エキス(医薬品)製造販売 
1963
(昭和 38)
 外国産原料の取り扱いにより好業績 
1964
(昭和 39)
 日本はっか工業組合設立、五代目理事長に東京オリンピック開催
1966
(昭和 41)
  アポロ11号月面軟着陸成功
1967
(昭和 42)
  EC正式発足
1970
(昭和 45)
 薄荷の輸入自由化 
1972
(昭和 47)

現六代良幸
ブラジル産天然薄荷の増産により売上大幅伸張
現代表取締役36歳で社長に就任
日中国交正常化
沖縄本土復帰
1973
(昭和 48)
  変動為替相場制
オイルショック
1975
(昭和 50)
  山陽新幹線開通
1976
(昭和 51)
 ブラジル薄荷減産、薄荷主産地はパラグアイへロッキード事件
1980
(昭和 55)
 中国産薄荷参入により薄荷相場安定イラン・イラク戦争
1990
(平成 2)
  株価大暴落、バブル崩壊
1991
(平成 3)
 インド産薄荷増産にともない、世界市場に参入ソビエト連邦崩壊、湾岸戦争
1993
(平成 5)
 西宮浜に本社・工場を新築移転 
1995
(平成 7)
 震災により、約1ヶ月半にわたって工場操業停止阪神・淡路大震災
2002
(平成 14)
  サッカーワールドカップ日韓共催
2003
(平成 15)
  イラク戦争
2004
(平成 16)
 長岡実業創業200年
ペパーミント・スペアミントオイル取扱開始
アテネオリンピック開催
 

BACK
はじめ第一章第二章第三章第四章年表
 
長岡実業株式会社 長岡実業株式会社
〒662-0934 兵庫県西宮市西宮浜4丁目7番18号
tel:0798-26-1001 fax:0798-26-0055